このページのトップです。
今しか飲めない酒がある

店長の冷蔵庫

樽一のお酒 | 店長の冷蔵庫 | 蔵元紹介

毎日の仕入れの中で、店長の目にとまったお酒がほとんど日替わりで登場します!
メニューにはない、お酒もありますので、日本酒ファンは要チェック!

>>バックナンバーはこちら!<<

#043 愛知県「名称募集」
名称募集

一風変わった出で立ちのこの酒は飲み残しではございません。始めから1.8リットルの1升瓶に1リットルしか入っていないのです。
宮崎県椎葉村より採取した天然酵母にて仕込まれました。蓋は栓ではなく、杉の葉であります。なんせ酵母が活発に活動しているので、噴きこぼれないようこのような姿になっているのです。名前も洒落っ気タップリで「名称募集」というネーミング。
以前は「お父さんの密造酒」と名付けられていましたが、「密造酒とは何事か!」といささかクレームもあったとか。
なので、決して名前を募集しているわけではありませんのであしからず・・・
どぶろくと聞くと皆様はどのようなイメージをお持ちでしょうか?
ウィキペディアにはこのように書かれています。
「どぶろくは家庭でも簡単に作ることができるが、違法行為(酒税法違反)であるため、転じて密造酒の別名としてこの言葉が用いられることもある。」
なるほど・・・「お父さんの密造酒」なんて名付けられればクレームがつくのも分かる気がしますね。
そしてこのようにも書かれています。「このことから隠語で呼ばれることも多くどぶや白馬(しろうま)、溷六(どぶろくまたはずぶろく)といった呼び方も地方によっては残されている。」と載っておりました。
なお、続きには「なお、溷六と書くと、泥酔状態にある酔っぱらいのことを指す別の言葉にもなる。」と・・・ 以前のどぶろくは確かに良いイメージはありませんが、こちらの酒は特定名称で言うと純米大吟醸の醪です。
お酒の甘辛を示す日本酒度はマイナス90!酸度は通常1.8でも酸を程良く感じますが、こちらは5.0!
アルコールは14度から15度のやや低め。成分表にすると驚きの数字ばかりですが、味わいは何だかトロピカルな味わいです。 ちなみに春には「お母さんのかくしざけ」なんてピンク色したどぶろくも登場します。
コチラの「名称募集」は予約販売なので、当店でも若干しか入荷がありません。
ぜひ気になる方は、トロトロでトロピカーナな味わいをご自分の舌で味わってみてください。

#044「浦霞 生一本」 | バックナンバー一覧 | #042「悦凱陣」

ご紹介したお酒のほかにも、たくさんストックがございます。遠慮なくお申し付けください。スタッフが語るエピソードを肴に一杯!

 

樽一のお酒 | 店長の冷蔵庫 | 蔵元紹介

▲ページトップへ戻る