このページのトップです。
今しか飲めない酒がある

てんちょうのないしょ話

樽一のお酒 | てんちょうのないしょ話 | 店長の冷蔵庫 | 蔵元紹介

大きな声では言えませんが、実はこんなことやっていますから〜!な内容をコッソリ教えてしまうコーナーです。

>>バックナンバーはこちら!<<

#008 「お燗のススメ」
お燗のススメ

久しぶりの登場、てんちょうです。
この季節、めっぽう寒いですね〜。 そんな時はやっぱりお燗ではないでしょうか?まぁーアタクシ達はいつでもお燗ですが・・・お燗と言ってもただ熱〜くするだけではありません。お燗に向く酒は本醸造や純米や熟成酒だけでもございません。
樽一の日本酒は殆どがお燗に出来ます。微発泡の濁り酒だって無濾過生原酒だって吟醸酒だって大吟醸もいけるのです。でも大切なのはそれぞれのお酒に対して適温につけられるかどうかです。もちろん、レンジで「チン!」なんてNO!
これを昨年の忘年会シーズンの目標としてカウンター内の湯煎器で燗付けた「ちろり」を持ち店内を駆け回っていました。
するとどうでしょう!「お燗はどうもねぇ・・・」なんておっしゃっていた常連さん達も冷酒だけではなく温度を少し変えて飲み比べてみると皆さん納得してくださりました。
常温にしたり、舌に乗せたときに少しだけ冷たさを感じるくらいにすると刺身や珍味などのお料理に対して、今までと違う日本酒との相性に驚きや感動を覚えたようです。その時のお客様の喜ぶ笑顔といったらまぁ〜たまりません!

日本酒の魅力は世界のアルコール飲料の中で最も飲む温度帯が広いこと。

今日も「てんちょー何かお酒ください!」のリクエストに喜んで頂けるよう仕入れから皆さまの喜ぶ顔をイメージし、新たなお酒を探し回っております。そしてこれからも利き酒師としてプロフェッショナルなお仕事に務めていきます。
樽一の最大の魅力は大型店舗なのに小さなお店と同じ位に小回りが効くことです。春先には外のテラス席を使ってお燗の会でもやりたいですね・・・

#007「浦霞との出会い」 | バックナンバー一覧 | #009「浦霞と共に」

ご紹介したお酒のほかにも、たくさんストックがございます。遠慮なくお申し付けください。スタッフが語るエピソードを肴に一杯!

 

樽一のお酒 | てんちょうのないしょ話 | 店長の冷蔵庫 | 蔵元紹介

▲ページトップへ戻る