このページのトップです。
今しか飲めない酒がある

てんちょうのないしょ話

樽一のお酒 | てんちょうのないしょ話 | 店長の冷蔵庫 | 蔵元紹介

大きな声では言えませんが、実はこんなことやっていますから〜!な内容をコッソリ教えてしまうコーナーです。

>>バックナンバーはこちら!<<

#014 「しっかり確保しましたから〜」
しっかり確保しましたから〜

皆さん、こんにちは!今回はしんちゃんの出番です!(^^)! 今日はクジラ肉の仕入れのお話です。

あの調査捕鯨の国際裁判後、初めての南極海鯨類捕獲調査副産物の購入となります。

今回販売されるのは、国際裁判の判決が出るまえの昨年12月に出航した南極での調査捕鯨の分です。

樽一でクジラ肉の仕入れは南極海と北西太平洋(三陸や釧路沖)調査の年に2回だけ。旧店舗に居た時の使用量のざっと2倍。そりゃ〜沢山仕入れたつもりでもいつの間にかクジラ肉が無くなる訳です( ̄0 ̄;)わぉ!

しかも今回の判決の宿題である適正な捕獲頭数をIWC(国際捕鯨委員会)に出し直す為、今年の12月の南極海で捕獲調査はありません。ですから日本中のクジラ関係業者は特に今回のミンククジラを確保しておきたいところ。特に人気の高いミンククジラの舌(さえずり)や一頭から取れる量が限られて心臓などは取り合いですから( ̄ー ̄;

 仕入れの一番の大きな問題は調査捕鯨のクジラ肉は全て前金制なこと。 張り切って一年分を押さえようと注文を入れても三分の一も割り当てがないこともしばしば。
そうかと言ってそれを見越して3倍注文を入れ意外にスムーズに買えちゃった場合でも全額現金で支払わなければなりません(* ̄□ ̄*;がび〜ん そもそも調査の為に捕獲しているのですから実際にその箱を開けてみないと品質は分かりません。もちろん返品は出来ませんから。さらに一年分をストックしておく冷凍庫代も加算されますΣΣ( ̄◇ ̄;)!中々飲食店が鯨をメインに出来ないのはそんな事情もあるのです。

 そんなこんなの年2回の大きなお買い物。ハラハラどきどきスリル満点なんですから( ̄_ ̄ i)タラー

それでも皆さんがいつ樽一にいらしてもクジラを召し上がれるようしっかり確保しましたのでご安心下さいね( ̄ー ̄)ゞ

#013「樽一のビールを新宿でイチバン目指して」 | バックナンバー一覧 | #015「お酒の仕入れの話」

ご紹介したお酒のほかにも、たくさんストックがございます。遠慮なくお申し付けください。スタッフが語るエピソードを肴に一杯!

 

樽一のお酒 | てんちょうのないしょ話 | 店長の冷蔵庫 | 蔵元紹介

▲ページトップへ戻る